巨乳より微乳風俗嬢が良い

いつかはって思ってたんです

いつかは風俗に行こう。そう思っているだけで時間だけが過ぎて行ってしまいました。きっかけがないとなかなか行けないというか。誰かに連れて行ってもらえるとかであればいいんですけど、そんな相手もいないので、どうしても風俗デビューするきっかけそのものがなかったんですよね。でもこの前、その思いがようやくかないました(笑)それは本当に偶然なんですけど、違う用事で入った雑居ビルで、エレベーターが止まったんです。そこが自分の行先だと思って勘違いしたら風俗だったんです。その状況ではさすがにもう自分には「間違えました」とは言えなかったので、結局そこで風俗デビューとなりました(笑)偶然ではありましたけど、でも自分はそれはそれで楽しかったし、それに改めて風俗を体験してみて、大人になれたんじゃないかなって思いましたね。これが多くの男たちが楽しんでいる風俗と言う世界なのかと。その事実を知れただけでも、自分はとっても感動出来ましたね。

誰もが彼女に感服するでしょうね

一言あるとすれば「感服」でしょうか。この前の風俗嬢、Uちゃんと遊んだ時のことは未だに鮮明に覚えています。彼女とは初対面。何となく風俗店のホームページを見ている時に見つけた女の子だったんです。外見の良さに惹かれて指名してみたんですけど、大人しそうな外見でありつつ、テクニックに関してはベテラン風俗嬢も真っ青なレベルなんじゃないですかね。とにかく「凄い」の一言なんですけど、彼女が凄かったのはそのテクニックをこちらのために使ってくれた点なんです。決して独り善がりではなくて、あくまでもこちらを満足させるためにって言う決意を感じたんです。事実、彼女はプレイ中も常にこちらのことを気にかけてくれているのが分かりました。気持ち良いのかの確認だけじゃなく、反応を見たりしていたんです。彼女、かなり熟練した風俗嬢だなって思ったのはそこにあるんです。何から何までお客のことを考えてくれているからこそ、「感服」という言葉が出たんです。